暮らしまっぷ

上海で夫と2人暮らし。片付け・家計・シンプルライフについて綴っています。

暮らしまっぷ

【ミニマムクローゼット・片付け収納】洋服の選び方・収納のルールを築いた1年でした

f:id:kurashi-map:20161221173622j:plain

以前、ブログを書くことが自己分析にも役立っていると書きました。

今のところ、「ミニマムクローゼットをめざす」、「工夫して片付ける」というカテゴリーの記事が全体に占める割合が大きいので、その2つに関することについて2016年を振り返りながら自己分析したことをまとめたいと思います。

気になった記事があれば、リンクになっていますので読んでいただければ嬉しいです。

「ミニマムクローゼットをめざす」について自己分析

洋服やバッグなど、直接身に着ける物にはそれなりに気を回しているつもりです。選ぶ基準・処分する基準がだいたい決まってきました。

例えば福袋を買わなくなったり、

 衣替えをなくしたり、

自分の好みを把握しました。


「ミニマムクローゼット」といっても、ものすごく少ない枚数で着まわしているわけではなく、タンスの肥やしを出さないという意味で、着切れる枚数を所有しています。

「工夫して片付ける」を自己分析

身に着けるものは自分のルールがあるのに対して、収納は家にある物で適当に済ませる傾向があります。それはそれでルールかもしれませんが…

クリップをとことん使いまわしたり、

 家にあるものでバッグを収納したり、

 化粧道具をこんな風に収納しています…

www.kurashimap.net

ブロガーさんの暮らしに憧れる

ブロガーさんの暮らしに関する記事にたくさん惹かれました。「自分の居場所で落ち着いて暮らしている」という印象を受けて、いいなあと思っています。家事全般や家計管理の工夫など、参考にさせていただいています。


自分はスープジャーに砂糖を収納してしまうような人間なので、今後はもう少しきちんとしたいなと思っています。最近は砂糖を使い切ってスープジャーが空になったので、夫のお弁当にスープを時々つけてあげてもいいですね。(それが本来の使い方。) 

2016年のおわりに:2017年は落ち着いて暮らしたい

自分の記事を振り返りながら、こだわるところとそうでない所の落差が大きいことが分かりました。


部屋の収納にあまりこだわりがないのは、今住んでいる所が自分の部屋であって自分の部屋でないような曖昧な場所だからかもしれません。マンションのスタッフが合鍵で入って来る環境だからです。詳しくは下記の記事で書いています。

この記事を書いている途中にもスタッフのおじさんが何かを修理しに来ました。(でも結局何もせずに帰ってしまって謎でした 笑)

 

2017年はきっと本帰国になると予想しているので、来年はもっと落ち着いて過ごせる場所を見つけたいです。