読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしまっぷ

必要なものを見極めて賢く暮らしたい!片付け・家計・シンプルライフについて綴ります

スポンサーリンク

中国は季節の移り変わりが早い!何でも早めに実行するのが吉。

だから中国は面白い 旅行を楽しむ

f:id:kurashi-map:20161103093416j:plain

昨日から11月に入り秋本番ですね。今日は私が住んでいる地域の気候や、それに関連した過ごし方などについてお話ししたいと思います。

 夏の次は冬!?

中国に来て感じるのが季節の移り変わりの早さです。国土が広く気候の地域差が大きいため一概には言うことはできませんが、私が住んでいる場所は春と秋が日本と比べると短いです。
春が来て温かくなってきたと思ったらすぐに暑くなり、40度近い日が続く真夏が終わってやっと涼しくなってきたと思ったら、今度はあっという間に寒くなります。
半月前に郊外にあるローカルな街に小籠包を食べに行ったのですが、その日は最高気温が28度と暑かったので半袖で過ごしていました。

それが昨日は最高気温16度と、急に肌寒くなりました。最低気温に至っては10度でした。買い物帰りのバス停での少しの待ち時間がとても寒かったです。

短い春と秋の過ごし方

中国国内を旅行したり、ちょっと郊外に日帰りで出掛けるにしても、その短い春と秋の間に実行するのが一番快適ではないかなと思います。

しかし実際のところは、私も夫と旅行の計画を立てはするのですが、なんだかんだ都合が悪くなって行けなくなってしまうことがよくあります。そうこうしている間に良い季節が過ぎてしまうという…
しかしまだ冬まではもう少し時間があるので、それまでにちょっと遠出したいです。「今行かないと冬になっちゃうよ!」と自分(と夫)へ言い聞かせています。

食べ物の旬もあっという間

中国へ来てマンゴーが安価で手に入るようになったので、夏に週1~2回ぐらいのペースで食べるようになりました。

日本ではマンゴーを自分で買ったことが無かったので、こちらでは1個100円程度で買えることにびっくりしました。しかし、その旬も短いのです。美味しいマンゴーは夏の間の約2か月間が旬だと思います。

旬が過ぎると傷んだものばかりが売られていたりします。旬の終わりが近づいてくるのが分かると寂しいです。後悔しないように美味しい物は旬のうちに食べた方がいいですね!
ちなみに最近はみかんや甘栗を食べています。

短い旬を楽しむ

このように、中国に引っ越してきてからは「絶好の○○シーズン」や「○○日和」といったものがとても短いため、何でも早めに実行するのが吉だと思うようになりました。

日本への本帰国もそう遠くないことを考えるといっそう強くそう思います。旅行や食べ物以外のことでも短い旬を楽しめるようになりたいです!