暮らしまっぷ

上海で夫と2人暮らし。片付け・家計・シンプルライフについて綴っています。

暮らしまっぷ

春先のニットは3枚。今秋再び着るため洗濯・収納【プチ衣替え】

f:id:kurashi-map:20170607184237j:plain

 
春先に着ていたニットは3枚でした。秋にも着たいと思える物を選べば、転勤先でも洋服を増やさずに過ごせると思いました。
 
春先のニットが3枚と少なめの理由や、収納について書いています。
 

春先のニット3枚

f:id:kurashi-map:20170607184054j:plain


ウールのニットの季節が終わってから、春先のニットは綿を含む素材のものを着ていました。色はグレー、カーキ、黒です。
 
上海は春の過ごしやすい期間が短く、あっという間に気温が上がってきます。4月~5上旬まで着ていました。
 

f:id:kurashi-map:20170607184440j:plain

 

着ている間はハンガーに掛けておくことが多いです。春先ニットの期間が終わったため、この3枚はおしゃれ着用洗剤で洗濯し、自分用の衣装ケースに収納・防虫剤を置きました。
 
関連記事:
 

 毛布も同じ衣装ケースに収納しました。

www.kurashimap.net

 

春・秋に着たい物を中心に選ぶ

短い期間しか着ないこともあり、春先のニットは3枚で足りました(ニット以外も着ます)。枚数が多いと、それぞれをちょっと着ただけで暑い季節になってしまいそうです。
 
転勤先で洋服が増え過ぎないようにしたかったため、春・秋の両季節で着たいと思うものを選びました。この3枚は今年の秋も再び着るつもりです。
 
日本は中国よりも春・秋が長いので、帰国後は全てを春秋兼用にしなくても良いかな、とは思っています。次回買う時はもう少し春らしい物も入れたいです。
 

おわりに:隙間を作って梅雨のカビ対策

衣類を衣装ケースやクローゼットに押し込むと、梅雨の時期は特にカビの発生が気になります。でも収納にゆとりがあれば、そうした心配も減らせて快適に過ごすことができそうです。
 

バッグも自分でお手入れできる範囲で持つようになったため、収納にゆとりができました。

www.kurashimap.net


少数精鋭で着回すコーディネート