読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしまっぷ

必要なものを見極めて賢く暮らしたい!片付け・家計・シンプルライフについて綴ります

暮らしまっぷ

コンパクトな荷物で本帰国したい理由。転勤族・断捨離中の方にも共通点あり?

f:id:kurashi-map:20170114151431j:plain

私は今の部屋に住むまでに、約2年半で6回の引っ越しをしました。平均すると半年に1回の頻度で引っ越しをしていることになります。

 

父は転勤族ではなかったので私は転校の経験もなく、今までにこんなに早いペースで引っ越しをしたことはありませんでした。引っ越しを繰り返す中で気付いたこと、目指していることについて書こうと思います。上の写真は、よくお世話になっている引っ越し業者さんをイメージして載せてみました。

 

引っ越しを繰り返して気が付いたこと

引っ越しの度に不要なものを処分してきました。その中で、荷物が少ないほうが労力が少なくて済むと実感しました。

 

船便が私の服の所有の仕方を変えた!今の好みはこれ

 

最初と比べて最後の引っ越しの時はだいぶ荷物が減って楽でした。そういった経緯もあり、コンパクトな荷物での本帰国を目指しています。身軽に本帰国(引っ越し)ができればこんな良いことがあるのでは?と想像してみました。

 

回数に数えられなかった引越し未遂事件について詳しくはこちらから読めます。

www.kurashimap.net 

コンパクトな荷物で本帰国する(引っ越す)メリット

自分にとってのメリットを3つにまとめてみました。

1.買い物が楽になる

中国へ来る前に車や電化製品のほとんどを処分してきました。ちなみに、リサイクルショップに持ち込んだものもありますが、店員の方から「最近はニトリなどで安く新品を買えるので、買い取り価格は高くないです。」と言われました。確かに、新品と中古が似たような値段なら、多少高くても新品を買うなあと自分でも納得しました。

f:id:kurashi-map:20170114152427j:plain

帰国後に新たに車や電化製品を購入するときは店頭やネットでじっくり見ながら考えたいです。荷物が少なければ荷解き等にかかる時間も少なく済むので、買い物も楽になるのではと思っています。片付けに時間を取られていたせいで急いで適当に購入、そして後悔する…というのは避けたいです。

2.実家に頼らなくて済む

中国入りする前は引っ越し荷物を実家に置かせてもらっていたのですが、本帰国後には実家に送らずに新しい部屋に直接荷物を入れたいと考えています。

 

これまでも家族に引っ越しの手助けをしてもらうことはあったのですが、両親には両親の生活もあるので今後はなるべく負担をかけないようにしたいです。

3.早く就職活動に取り掛かることができる

帰国後に再就職したいと考えています。コンパクトな荷物でスムーズに引っ越しが終われば、早く仕事を探し始められると思っています。

 

以前の記事でもこのことについて触れています。 

www.kurashimap.net

おわりに:わくわくしながら新生活をイメージしたい

コンパクトに引っ越した後の新生活をイメージするとわくわくしませんか?同じように考えている方がいたり、この記事を読んで身軽に引っ越したいなと思われた方がいたら嬉しいです。

 

引っ越して4月から新生活を始めるという方で、荷物をコンパクトにしたいな~と考えている方がいたら、私もそれをおすすめします!

 

極端に少なくしなくても、コンパクトにすることで生活はしやすくなると思っています。