暮らしまっぷ

上海で夫と2人暮らし。片付け・家計・シンプルライフについて綴っています。

暮らしまっぷ

「かかと+無印良品ホホバオイル」1か月経過。ケアを追加し継続中!効果・消費ペースは?

昨年12月4日から、無印良品のホホバオイルを使って乾燥したかかとのケアを続けています。途中から、前回の方法に新たにケアを追加しました。
というのは以前、病院の外来でフットケアもしている看護師の方の話を聞く機会があったことを思い出したからです。

前回記事の紹介

前回の記事では、かかとの乾燥に対して無印良品のホホバオイルを使い始めた話を書きました。詳しくは下記の記事をご覧ください。

www.kurashimap.net

乾燥したかかとのケアにやすりを使うときのポイント

f:id:kurashi-map:20161227153913j:plain

乾燥したかかとのケアにやすりを使う際のポイントを教わったので3点にまとめました。

1.かかとが乾いている時にする

かかとが濡れている状態だと削りすぎてしまうので、乾いている状態の時にやすりを使います。

2.同じ方向に向かってやすりを動かす

かかとを均等に削れるように、一方向に動かします。

3.やすりを使用する頻度は2週間に1回程度

やすりを使用する頻度については、私は「やりすぎないように」としか記憶していませんでした。そこで、どのくらいの頻度が適しているのか朝日新聞デジタルの記事を参照したところ、2週間に1回程度が良いということが分かりました。

 

下記のリンクから詳細を読みに行くことができます。

朝日新聞デジタル 指や爪もきちんとケア 足の乾燥・かかとのガサガサを防ぐ(2015年10月28日)

この記事の中で解説している方も、フットケア外来の看護師さんです。

 

かかとをきれいしたいからといって夢中になって削ってはいけない、ということですね。頻度を守りましょう。

今は間に合わせで軽石のようなものを使っているので(今のところ2回)、帰国中に専用のへら型のやすりを購入したいです。

無印ホホバオイルの消費ペース

f:id:kurashi-map:20161227150049j:plain

昨年10月10日に50mlのホホバオイルを開封して約3か月が経過しました。3カ月でおおよそ半分を消費した(顔や髪にも時々使っています)ので、使い切るには半年かかるということになります。この消費ペースなら、私は次回もまた50mlのものを購入すると思います。

おわりに:かかとを見るのが楽しくなりました

保湿を継続しているうち、かかとのひび割れが改善して潤いも出てきたので写真を載せてもいいかな?と思ったのですが、夫が「え?かかとの写真は載せなくてもいいんじゃない?」と言ったので、文章にとどめておきます(すみません)。

 

もうそろそろホホバオイルの量や、靴下を履いて寝る頻度を減らしてもいいかな、と思っているところです。