読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしまっぷ

必要なものを見極めて賢く暮らしたい!片付け・家計・シンプルライフについて綴ります

暮らしまっぷ

服をくれる母に「私の服は自分で買うね」と伝えて良かったこと、代わりに得たもの

f:id:kurashi-map:20161118195930j:plain

母と娘の間でよくあることかもしれませんが、お母さんが娘のために洋服を買ってプレゼントしてくれることってありませんか?
私は母と洋服のサイズがだいたい同じで、色の好みもわりと似ています。そのため、昔から時々「これ買ったんだけど着ない?」とプレゼントされたら受け取って着ていました。

しかし一昨年あたりから、母がくれる洋服が自分の好みと微妙に違うようになってきました。母が自分のために選んでくれるのは嬉しいしありがたいのですが、中には自分なら買わないかな?というものもあったりするように。

写真の手袋は2年前くらいにもらったのですが未使用です。これを機にタグを外して今冬は使おうと思っています。ちなみに今日11月23日は手袋の日です!

洋服を自分で選びたい

以前の記事で私が福袋を買わなくなった理由をお話ししました。

www.kurashimap.net

今は自分で気に入ったものを選ぶようにしています。前に買ったものと全く同じものが欲しい場合は品番を見てネットで購入することもありますが、それ以外はなるべくお店で試着してから買うように心掛けています。

試着で分かること

試着するとこんなことが分かりますね。

  • 着丈
  • 首周りの開き具合
  • 透けやすさ
  • シワになりやすい生地か

洋服選びで失敗しないために試着は大事だなと思っています。

母に気持ちを伝えてみた

そこで前回帰省した時、母に「プレゼントしてもらうのは嬉しいけど、洋服は自分で選びたい。」ということを伝えました。それから「せっかくなら洋服は一緒に出掛けた時に買って欲しいな。」とお願いしました(そこはちゃっかりアピール)。
すると母は「そっか~、分かったよ。」といった反応でした。きっと母に理解してもらえたと思うので、次の帰省時には私への洋服のプレゼントはないはずです。

その代わり(?)、私が中国に戻る前に母から「濱文様(はまもんよう)」というお店の手ぬぐいをもらいました。秋らしい柄で可愛いです。最近手ぬぐいを好んで使っているので嬉しかったです。

f:id:kurashi-map:20161118200553j:plain

www.kurashimap.net

おわりに

「洋服のプレゼントを控えてほしい」というのは自分の母親だからこそ言えたのだと思います。もちろん「せっかくくれるのに言ったら悪いかな…?」とも少し思いました。

しかし、あまり着ない洋服にお金を費やすよりは一緒に出掛けたり食事をすることに使った方がお互い楽しいし、より有意義ではないでしょうか。
今回自分の考えを伝えることが出来て良かったです。