暮らしまっぷ

上海で夫と2人暮らし。片付け・家計・シンプルライフについて綴っています。

暮らしまっぷ

異汗性湿疹(手湿疹)の私の簡単な手荒れ予防法【食器洗い・洗濯干し編】

f:id:kurashi-map:20170106144723j:plain

手荒れを予防するため、毎日の水仕事ではゴム手袋と綿の手袋を併せて使用しています。そのメリットや使っている手袋について書きたいと思います。

 

まだまだ寒くて乾燥する季節なので、手荒れに悩まされている方の参考になれば幸いです。

 

前回記事の紹介

私は異汗性湿疹(手荒れ)と付き合って約10年になります。この症状や、料理の際に手荒れを予防するためにしている工夫については以前の記事で書いているので、良かったらこちらもご覧ください。

 

www.kurashimap.net

水仕事にはゴム手袋と綿の手袋を併せて使用

異汗性湿疹になったばかりの頃は水仕事をする際にゴム手袋のみを使用していたのですが、作業中に蒸れるのが気になるようになりました。

 

そこで、途中からは一緒に綿の手袋を使うようになりました。食器洗いと洗濯物を干すときには1年を通してゴム手袋と綿の手袋をしています。

 

食洗機もあるのですが、2人暮らしなので使っていないです。

【公開】わが家のビルトイン食洗機・ガスオーブンの使い方

ゴム手袋の中に綿手袋を着用するメリット

作業をしていると季節に関わらずゴム手袋の中は蒸れます。ゴム手袋の中に綿の手袋を着用することで、蒸れた時のべたべたする感触を軽減することができます。

 

洗濯物を干す際も、私の場合は素手ですると指先がふやけてしまうので、ゴム手袋と綿の手袋を着用しています。

ゴム手袋について

f:id:kurashi-map:20170106144748j:plain

メーカーはエステー

エステーの「ファミリー ビニールうす手 指先強化」をずっと使っています。私は手が大きいほうで、また中に綿の手袋をするのでLサイズを使用しています。80~100円ちょっとで購入できます。

ゴム手袋はどのくらいもつ?

包丁を洗う時に誤って小さな切り込みを入れるとダメになってしまいますが、そういったことがなければ4~5カ月くらいもちます。

綿の手袋について

f:id:kurashi-map:20170106144820j:plain

素材は綿100%

買うメーカーは特に決まっていませんが、ホームセンターや100円ショップで売られている綿100%のものを選んでいます。

綿の手袋はどのくらいもつ?

食器洗い用と、洗濯物を干す綿手袋は共通です。毎日2双を交互に使用しているのですが、2双合わせて、指先が破れるまで1年近くはもちます。

ゴム手袋と綿の手袋を使用する時の注意点・洗濯について

使用後は綿の手袋を取り出す

家事が終わった後は、ゴム手袋の中に綿の手袋を入れたままにしないほうが良いです!というのは、私はゴム手袋と綿の手袋を使い始めた時に失敗したことがあるからです。

 

ゴム手袋と綿の手袋を一緒に脱いで、常に綿の手袋がゴム手袋の中に入っている状態にしていたのですが、数日後にカビと思われる黒い小さな斑点が出てきてびっくりしました。それ以降は、毎回使用後に綿の手袋は取り出すようにしています。

綿の手袋の洗濯

上でも書いたように今は綿の手袋を2双持っていて、毎日洗濯しながら交互に使っています。乾燥機にかけると縮むので、自然に乾かすのがおすすめです。

おわりに:褒められると嬉しい!

直接水や洗剤に触れることなく、蒸れも抑えることもできるので継続してします。今はこれが習慣なので、手袋の着脱や洗濯の手間は面倒に感じていないです。手荒れの予防におすすめです!