読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしまっぷ

必要なものを見極めて賢く暮らしたい!片付け・家計・シンプルライフについて綴ります

暮らしまっぷ

好きな言葉は「汎用性」。クリップ1種類を使い倒す

f:id:kurashi-map:20161110142121j:plain

「好きな言葉は○○です。」という言い回し、どこか(某CM)で聞いたことがありますね!私が好きな言葉は、正しくは「汎用性」ではなく「汎用性が高い」です。1つのものが、色々な場面で使えると「ラッキー!」と思います。
その例として、1種類のクリップをどう使い倒しているか紹介します。

使い倒しているクリップ

最初の写真は今使っている金属製のクリップです。これは高校生の頃に母からもらったもので、セットで買ったときに余ったそうです。
それから何年も経ちますが、私は特に新しい物は買わずにずっとこのクリップを使っています。

1つのクリップが3変化

3つの使い道に分けてみました。

1.書類を留める

最も一般的な方法ですね。書くまでもないし、画像もいらないかな…

2.使いかけの食品の袋を留める

f:id:kurashi-map:20161110142348j:plain

ちょうど使いかけの鰹節と切り干し大根の袋を留めていたので写真に撮りました。留める力が強いため、外れることはめったにないです。
インスタントコーヒーの袋にも使っています。以前は開封後にガラスの容器に移し替えていましたが、最近は袋の口を何重かに折りたたんでからクリップで留めるようになりました。ガラスの容器を洗って乾くのを待つ時間がなくなりました。
クリップで何とかなるようなので、今のところ食品の袋を留めるための専用クリップは持っていないです。ただ、開封後は早めに使い切るようにしています。

3.充電コードをまとめる

f:id:kurashi-map:20161110144018j:plain

スマホの充電コードも、使用しないときはこのクリップでまとめています。きつくならない程度にゆるーく巻いています。持ち歩くときにもバッグの中でぐゃぐちゃにならないです。特に旅行の時に便利です。

f:id:kurashi-map:20161110143124j:plain
充電中もこのようにクリップを付けたまま(ぶら下がっている状態)なので、なくなってしまうことはありません。

おわりに

普通のクリップですが、こんな感じで色々なことに使っています。書類用から食品用にするなど、用途を変える時は軽く洗って拭いています。(ただ最近はほぼ固定のため使いまわすことは少ないです。)
金属製なのでそのうち劣化してくるとは思いますが、それまでは同じものを使うつもりでいます。壊れてしまったら、また似たようなものを購入したいです。

今回はクリップを例に挙げましたが、文房具に限らず買い物をする時には他にも使えるかな?と考えることが多いです。

おまけ

中国のコンセントは日本と形が異なります。
これ、初めてみた時から私には猿が微笑んでいるように見えます…

f:id:kurashi-map:20161110142708j:plain

見えませんか?

では…

f:id:kurashi-map:20161110142725p:plain

こうしたらどうでしょう!?

少し猿に近づきましたか?

以上、おまけでした!