読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしまっぷ

上海で夫と2人暮らし。片付け・家計・シンプルライフについて綴っています。

暮らしまっぷ

最近はお菓子のストックがゼロの理由。代わりの楽しみ方・考え方♪

f:id:kurashi-map:20170504224132j:plain

 
もともと家にあるお菓子のストックは少なめなのですが、最近はゼロの状態が続いています。というのも、今の季節はフルーツの種類が豊富だからです。
 
中国で旬のフルーツを楽しんでいることや、日本から持ってくるお菓子の量がグッと減った理由について書いています。
 

 関連記事:お菓子の食べ方を変えて体重が減りました。

www.kurashimap.net

 

マンゴーが旬

スーパーでなんと1kgのマンゴーが売っていました(1枚目の写真が切る前の状態です)。測ってみたところ約23cmでした。よく見かけるマンゴーの2倍はあると思います。
 

f:id:kurashi-map:20170504224204j:plain

 
いつも通り半分に切って縦横に切り込みを入れてから盛り付けたところ、大きいだけあって普段より迫力が出ました。
 
1回では食べきれないため、残りの半分は冷蔵・冷凍して保存しました。冷凍したほうは、牛乳か豆乳と一緒にミキサーに入れてジュースにしようと思います!
 

日本から持ってくるお菓子の量が減った

初めて中国に来た時は、アルフォートなどの袋菓子を実家が持たせてくれたのですが、中国に来てみるとスーパーに並ぶフルーツの種類が豊富だったり、日系のお菓子メーカーの商品も沢山あることが分かりました。
 
そのため、日本から持ってくるお菓子の量がグッと減りました。大事に食べたい物をちょこっと持ってくるだけで満足できるようになりました。日本から持ってくる食品のほとんどを、お菓子ではなく乾物や調味料が占めています
 

f:id:kurashi-map:20170118111222j:plain

 

ちなみに以前の記事にも載せたのですが、日系のメーカーの中で私が一番好きなのは亀田製菓の柿の種の麻辣(マーラー)味です。ピリ辛で痺れます。
 

f:id:kurashi-map:20170504225252j:plain

 
ただ、こういった日系メーカーのお菓子がいつでも手に入ると思うと、かえって時々買う程度となっています。
 

汎用性の高いもの

ゼラチンや寒天、抹茶など少量ずつ長く使えて汎用性のある食品を持ってくるようになったのも、日本から持ってくるお菓子がグッと減った理由です。

 

市販のお菓子よりも長く楽しめますし、何かちょっと食べたい時に役立ちます。お菓子のストックが少ない(/なくても)気にならなくなりました。

 

関連記事:抹茶を使った簡単おやつレシピです。

www.kurashimap.net

 

おわりに:現地の旬・手作りを楽しむ

私が一時帰国中に実家で荷物をまとめていると、毎回母に「お菓子、それだけしか持って帰らなくていいの?」と聞かれます。

 

でも、現地の旬のフルーツを食べたり、自分で作る簡単なおやつでも十分満足できます。お菓子のストックが少ない(/ない)のも意外と大丈夫なものです。帰国後もこの習慣は続けたいです^^