読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしまっぷ

必要なものを見極めて賢く暮らしたい!片付け・家計・シンプルライフについて綴ります

スポンサーリンク

夫婦の外食頻度とお店選びの基準は?節約と外食のバランスについて

お金と上手に付き合う

f:id:kurashi-map:20161111154031j:plain

今日は土曜日ですが、この週末は外食に行く予定はありますか?
「どのくらいの頻度で外食に行くか?」については、ときどき友人と話題になることがあります。家族構成や働き方などによっても変わってきますよね。

うちは夫婦それぞれの付き合いなどによる外食を除くと、今は平均して2週間に1回の頻度で2人で外食しています。これは多いでしょうか、それとも少ないでしょうか?夫の会社の駐在員からすると少ないと驚かれたそうです。
ちなみに日本に住んでいた時(短い期間ですが)は、夫婦で1か月に1回程度でした。そのため私にとっては今の外食回数はわりと「多いほう」です。

節約と外食のバランス

節約も大切だけど時々外食もしたいと思っています。

外食はするけど無駄な出費をなくすにはそうすればいいか?以下は私が考えていることです。

外食についての考え方 

作るのが面倒だから仕方なく外食をする、とならないようにしています。そうすれば節約につながります。
そして、せっかく外で食べるのならば友人のおすすめ情報を参考にしたり、スマホのアプリやネットで調べるなどして美味しいお店で食べたいです。アプリでお店の情報を見ていると日本人の中での評判と現地の人の口コミが全然違っていることもあり、それも面白いです。

お店の選びの基準

自分では作らない・作れないものを食べられるお店を選ぶことが多いです。
少し例を挙げると、

  • お寿司などの海鮮

魚が好きなので焼き魚(干物を買うことが多い)は今も家で食べますが、中国では日本のようにお刺身など生の魚が豊富にスーパーに並んではいません。以前と比べると食べる機会が減ってしまいました。そのためお寿司などの海鮮を食べたいときは日本食のお店へ行きます。

  • 火鍋

f:id:kurashi-map:20161111160250j:plain

日本の鍋にはないスープやつけダレの味を家で再現するのが難しいため、和風以外の鍋を食べたくなったときには火鍋屋さんに行きます。お店によっては中国の伝統芸のショーを無料で見せてくれるところがあります。

  • インドカレー

中国にも外国人がたくさん住んでいるため、様々な国の料理を食べることが出来ます。中国だからと言って外食が中華料理ばかりではないんですよ~。

f:id:kurashi-map:20161111160316j:plain

(こういうのも美味しいんですけどね。写真はカスタードまんです。)
私は中国に来る前まで「カレーは家で食べるもの」と思っていたのですが、こちらへ来てから日本の家庭のカレーとは違う味にはまりました。香辛料が効いたカレーを自分で作るのは難しそうですね。家でも作れたらいいな。

外食をするときの基準を持つ

このように、せっかく外食をするのなら楽しみながら普段食べないものを食べたいと思っています。外食をするときの基準を持っていると、外で食べて「無駄遣いをしてしまった!」という後ろめたさもなくなります。
それから最近お店の味を再現できないか試すことがあるのですが、それも面白いです!