暮らしまっぷ

上海で夫と2人暮らし。片付け・家計・シンプルライフについて綴っています。

暮らしまっぷ

コンソメは無くても大丈夫、シャトルシェフで玉ねぎ丸ごとスープ。作業時間10分♪

f:id:kurashi-map:20171023110836j:plain

 

シャトルシェフを使って玉ねぎをまるごと煮込むスープを作りました。化学調味料を使わないシンプルな味付けなので、メインの玉ねぎを食べ切った後も残りのスープのアレンジがしやすいです。

 

作業時間は10分程度で、煮込む過程はシャトルシェフにおまかせです。作った過程を写真付きでまとめています。

 

シャトルシェフで玉ねぎスープ 材料

  •  玉ねぎ
  • キャベツ
  • 昆布
  • 醤油

冷蔵庫に合ったキャベツも一緒に入れました。この日は和食だったので、昆布と醤油の味付けにしました。

 

 関連記事

www.kurashimap.net

 

シャトルシェフで玉ねぎスープ 作り方

↓キャベツと玉ねぎ、昆布を順番に入れていきます。キャベツは鍋の底が見えなくなる程度入れます。

 

f:id:kurashi-map:20171023111114j:plain

 

↓今回は玉ねぎを3玉入れました。

 

f:id:kurashi-map:20171023111200j:plain

 

↓醤油の量はお好みで。鍋の8割程度まで水を入れたら中火で沸騰するまで待ちます。

 

この時点では玉ねぎの頭が水面から少し出てしまっていますが、保温中に底のキャベツの嵩が減るので、のちのち全部がスープの中におさまります。

 

f:id:kurashi-map:20171023111318j:plain

 

↓沸騰して1~2分程経ったらフタをして保温容器へ移し、2時間程度保温します。

 

f:id:kurashi-map:20171023111550j:plain

 

↓保温中は外出したり、別のことが出来るがいいですね。

 

f:id:kurashi-map:20171023111637j:plain

 

↓2時間後、保温容器から出しました。玉ねぎがすっぽりスープに入っています。

 

f:id:kurashi-map:20171023112210j:plain

 

ぐつぐつ煮込むわけではないため、煮崩れの心配がありません♪

 

f:id:kurashi-map:20171023112325j:plain

 

f:id:kurashi-map:20171023112343j:plain

 

お箸がスッと入る柔らかさです。

 

残ったスープを中華風にアレンジ

f:id:kurashi-map:20171023112650j:plain

 

メインの玉ねぎを食べた後は、にんじん・ねぎ・きくらげ・ごま油を入れて中華風のスープにしました。玉ねぎと昆布のだしがきいていて、こちらも美味しかったです。

 

f:id:kurashi-map:20171023112757j:plain

 

おわりに:コンソメいらず?

シャトルシェフを使い始めてから、野菜から出るだしが美味しいと改めて感じるようになりました。

 

元々コンソメは持っていないのですが、野菜のだしが楽しめれば今後もコンソメはなくても大丈夫かなと思っています。調味料をたくさん揃えているわけではありませんが、料理を楽しんでいます。

 

↓作ってみたくなるレシピ、調理器具に関する人気記事が集まっています♪(トラコミュ)
超!かんたんレシピ 
台所・調理・製菓用品・キッチングッズ