読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしまっぷ

必要なものを見極めて賢く暮らしたい!片付け・家計・シンプルライフについて綴ります

暮らしまっぷ

インテリアにこだわらない事情と簡単すぎる(3秒)クリスマス準備。でも楽しめます

f:id:kurashi-map:20161205092146j:plain

昨年現在のマンションに引っ越してきたのですが、そこからずっとインテリアは特に何もしていないです。ソファーやクッションのカバーもそのままですし、シーツや掛布団などもマンションに用意されていたものをそのまま使っています。幸いこれらは白やベージュのシンプルなものでした。

f:id:kurashi-map:20161209135516j:plain

なぜインテリアにこだわらないのかというと、いつ本帰国になっても引っ越し準備に手間が掛からないようにしたいからです。2年半の間に6回引っ越しているので、荷物は少ないほうが楽であると実感しています。それでも今の部屋、とても気に入っています!

今日は、今住んでいる部屋や収納事情についてです。中国の賃貸事情もおまけで紹介します。

インテリアにこだらないけどクリスマスの雰囲気は味わいたい

こんな部屋に住んでいます

今住んでいるところは法人オーナーのマンションで、各部屋の間取りや内装は似ています。

中国の賃貸は家具や家電も一緒についてくることが多いため、自分で家具や大型家電を買う必要はありません。こだわりがあれば自分で購入して持ち込むこともできますが、私はしませんでした。
部屋の中の収納スペースは全体としては多いのですが、キッチンの広さと収納スペースはなぜか狭いです。それを機に食器を減らしました。食器・調理器具の数や収納については、今後書きたいと思っています!
中国はキッチンとリビングが少し離れていたり、扉で仕切られていたりします。日本の住宅よりもキッチンの存在があまり重視されていないのかな?と感じます。

中国の賃貸事情:個人オーナーの場合

特に個人オーナーの場合は、部屋のインテリア等に個性が出ます。物件探しで中国人の家庭におじゃますると、ありのままを見せてくれることがあります。迎える側は特にかしこまったりせず、借り手が部屋を見て回っている間も普通に家族一緒に円卓で食事をしていたりします。面白いですよね。以前住んでいたマンションの部屋は個人オーナーでした。以前の記事でも紹介しています。

www.kurashimap.net

おわりに:クリスマスの準備は3秒で

12月に入り、クリスマスのシーズンになりました。近くの生花市場ではこの時期になるとクリスツリーや装飾品を売り始めるのですが、日本に持ち帰るのは大変そうなので私は見て楽しみます。大きなクリスマスツリーは素敵ですし飾りつけるのも楽しそうですね。

f:id:kurashi-map:20161203204040j:plain

うちはとても簡素で、日本で買ったこのクリスマスカードを1枚飾るのみです。写真だと分かりませんが、凹凸があったりキラキラしていて可愛いいです。
あと、中国は春節(旧正月)が明ける2月ごろまで、ショッピングセンター等いたるところにクリスマスツリーが置かれたままです。そのため2~3か月間くらいクリスマス気分を味わうことができます。

 

長い期間、外の飾りで十分に楽しめそうなので、これもクリスマスの楽しみ方の一つなのかなと思っています。先週末のお出掛け中にも、たくさんのツリーを見ることができました。

部屋の飾りは簡素ですが、こんな風にクリスマスの雰囲気を楽しんでいます。

 

昨晩もかかとケアして就寝しました。クリスマスまでに改善してほしいものです。

www.kurashimap.net