暮らしまっぷ

上海で夫と2人暮らし。片付け・家計・シンプルライフについて綴っています。

暮らしまっぷ

スープジャーとお米計量カップに新しい役目を与えたら良い感じに【収納は柔軟に】

f:id:kurashi-map:20161204165517j:plain

収納を柔軟に考えることが好きです。「これはあれに収納しないといけない!」と考えずに、まずは持っているものから使っています。その例として意外な使い方でしっくりきたキッチングッズ2つを紹介します。

スープジャー(フードコンテナー)

f:id:kurashi-map:20161204163949j:plain

1つ目はサーモスの380ccのスープジャー(フードコンテナー)です。サーモスのホームページを見たところ、今は新しいデザインに変わっていました。
以前は職場に持って行っていたのですが、中国に来てからは使う機会が減って棚の奥にあることが多くなるように。実家に持って行こうかな?とも考えたのですが、スープジャーの密閉性を活かし、使いかけだった砂糖を入れてみたところしっくりきました。
部屋の中でアリを見掛けたことはありませんが、アリに限らず虫の存在って気になりますよね。スープジャーなら密封できるので虫の侵入を防げます。パリッとした赤色も気に入っています。

f:id:kurashi-map:20161204164023j:plain

中身はこんな感じです。
ちなみに砂糖は中国に初めて来るときに1㎏の袋を持ってきたのですが、いまだにそれを使い切れていません。料理は毎日していますが1日1gくらいしか使っていない計算になります。
砂糖断ちをしているわけではないのですが、もともと甘い物よりしょっぱい物が好きだからかな?と思います。

お米の軽量カップ

さて2つ目は、以前炊飯器を買った時についてきたお米の軽量カップです。以前から500cc(兼お米も計れる)の計量カップを使ってきたので、この小さいタイプはなくても大丈夫でした。捨てようとしたのですが、これは自宅に保管する紙幣・硬貨を入れる容器にしました。

f:id:kurashi-map:20161204164112j:plain

無洗米用と、普通のお米用の2つがあります。片方には1角、もう片方には1元と10元札などを入れています。重ねられるのもいいところ。中国のカラフルな紙幣と硬貨については以前の記事で紹介しています。

f:id:kurashi-map:20161204164402j:plain

お札はいつものクリップで留めて、紙幣・硬貨ともにそのまま金庫に入れています。食材の宅配は基本的に代金引き換えなので、ここから取り出して使っています。
やはりこのクリップは便利です。

www.kurashimap.net

おわりに:柔軟に考えるのって楽しい!

遅かれ早かれ本帰国するという事情があるので、収納関係のものは清潔であれば外見はあまり気にしていないです。今日紹介したように台所や金庫の中のような見えない場所は尚更です。帰国後に急にこだわり始めるかもしれませんが(笑)
用途を逸脱するような危険な使い方はダメですが、収納グッズを買う前に一度家の中を見渡してみると、隠れた逸品(?)があるかもしれません!手元の物から使うと節約にもなりますね。
他に使っていない備え付けのガスオーブンと食器洗浄機があるのですが、それについてはまた別の記事で書きたいと思います。