暮らしまっぷ

上海で夫と2人暮らし。片付け・家計・シンプルライフについて綴っています。

暮らしまっぷ

【シャトルシェフ×ぶり大根レシピ】お得食材を手軽に美味しく。部屋に魚のニオイが広がらない♪

f:id:kurashi-map:20171016153536j:plain

 

シャトルシェフを使ってぶり大根を作った時のレシピ・流れを写真付きでまとめました。安く手に入れたたっぷりの「ぶりのアラ」が、手間を掛けずに美味しく仕上がりました。

 

シャトルシェフは保温容器で熱を通すので火を使う時間が短く、魚のニオイが部屋中に広がらないなどメリットたくさんです。

 

ぶり大根レシピ紹介、材料

今回お手本にしたのはサーモスのレシピサイトで公開されているレシピです。材料は以下の通りです。

 

スーパーで ぶりのアラが600g200円で売っていたので迷わず買いました。

材料(4人分)
ブリかま 500g
大根 大1/3本(500g)
水 1L
しょうゆ 60ml
酒 60ml
砂糖 大さじ1.5
生姜 薄切り4枚
おろし生姜 適量

引用元:ぶり大根 | サーモス 魔法びんのパイオニア

 

ぶり大根 作り方

↓ぶりを食べやすい大きさに切り、塩を大さじ1まぶして15分置きます。今回はちょうど良い大きさだったので、切らずにそのまま使いました。

 

f:id:kurashi-map:20171016153659j:plain

 

 ↓ぶりの塩気をサッと洗い流し、水気を拭いて再びボウルに入れます。手にぶりの匂いがつかないようにトングを使っています。

 

f:id:kurashi-map:20171016153916j:plain

 

↓生姜の薄切り・調味料(醤油・砂糖・酒)と混ぜます。砂糖がないので今回ハチミツを代わりに入れました。

 

f:id:kurashi-map:20171016153931j:plain

 

↓大根は厚さ2cmの厚みに切り、鍋に水1Lを入れて中火にかけます。

 

f:id:kurashi-map:20171016153945j:plain

 

↓沸騰したら火を弱めてさらに5分煮た後、ぶりが入っているボウルの中身を入れていきます。

 

f:id:kurashi-map:20171016153748j:plain

 

↓生姜、ボウルに残っている調味料も全部入れます。

 

f:id:kurashi-map:20171016154003j:plain

 

↓再沸騰したらアクを取って、蓋をして5分煮ます。

 

f:id:kurashi-map:20171016160502j:plain

 

↓シャトルシェフの保温容器に入れ1時間保温します。

 

f:id:kurashi-map:20171016154142j:plain

 

↓1時間後、ぶり大根が完成しました!ぐつぐつ煮ていないので煮崩れしていないですし、煮汁も澄んでいます。

 

f:id:kurashi-map:20171016154103j:plain

 

f:id:kurashi-map:20171016154128j:plain

 

ぶりも大根もお箸がスッと入る柔らかさで、味もきちんと染み込んでいます。2人暮らしなので、2日(2食分)で食べ切りました。

 

おわりに:シャトルシェフでお得食材を手軽に楽しむ

中国に住んでいた時はスーパーで売られている魚の種類が少ないこともあり、割合的にお肉を多く食べていました。

 

今はこうして色んな種類の魚が手に入るようになり、アラのようにボリュームがある美味しい部分がお得なのが嬉しいです。またシャトルシェフでぶり大根を作りたいと思います。

 

↓わが家が購入したシャトルシェフです。

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ 2.8L 【3~5人用】 モカ KBF-3001 MC

 

 関連記事:

www.kurashimap.net

 

↓時短・簡単レシピがたくさん集まっています♪(トラコミュ)

☆15分以内で出来る!簡単料理☆ 
超!かんたんレシピ