暮らしまっぷ

シンプル、ストレスフリーな暮らしの工夫。kurashimap.net

【シャトルシェフでいわしの煮付け】省エネで煮崩れなし、小骨も柔らかく【レシピ】

f:id:kurashi-map:20180402095701j:plain

 

シャトルシェフを使っていわしの煮付けを作りました。作り方を簡単にまとめています。

 

シャトルシェフを使えば沸騰させる時間が短いので、煮崩れすることがないです。また、小骨も柔らかくなるので食べやすいです。ご飯がすすむ一品です。

 

シャトルシェフでいわしの煮付け 作り方

f:id:kurashi-map:20180402095750j:plain

 

すでに頭と内臓が取り除かれているいわしを買ったので、煮付けにすることにしました。

 

作り方はさんまの煮付けと同じです。

www.kurashimap.net

 

煮汁の材料・分量

■ 《煮汁》しょうゆ、お酢 各100ml
砂糖 大さじ4
みりん  大さじ2
水 1カップ
しょうがの薄切り 適宜
引用元:

骨まで食べよう♪ さんま煮 by ぷくっとぷくまる 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが286万品

 

さんまの煮付けのレシピですが、いわしにも使えます。

 

f:id:kurashi-map:20180402095807j:plain

 

鍋にいわしと生姜、煮汁を入れて、沸騰したら保温容器に移して30分待ちます。

 

f:id:kurashi-map:20180402095820j:plain

 

30分経ったら、もう一度沸騰させる→保温容器に移して30分。これで完成です。

2回沸騰させていますが、加熱時間そのものは短いです。

 

シャトルシェフなら煮崩れしない

f:id:kurashi-map:20180402095833j:plain

 

沸騰時間が短いので、煮崩れすることなく完成しました。小骨も柔らかくなっています。

 

背骨は、まだちょっと硬い気がしたので私は食べませんでしたが、夫は全部食べてしまっていました。

 

柔らかいので、鍋から取り出すときは崩れないように無印良品のシリコーン調理スプーンを使いました。

 

www.kurashimap.net

 

おわりに:シャトルシェフで魚を手軽に調理

遅めの時間にスーパーに行くと、調理にちょっと手間がかかりそうな加熱用の魚がまだ残っていることがあります。

 

一見調理が面倒くさそうな魚も、シャトルシェフを使うようになってからは面倒に感じることがなくなりました。保温容器の中で加熱されるので、部屋に匂いも広がりにくいのも嬉しいです。

 

関連記事:シャトルシェフを使ったぶり大根のレシピです。

www.kurashimap.net

 

www.kurashimap.net