暮らしまっぷ

上海で夫と2人暮らし。片付け・家計・シンプルライフについて綴っています。

暮らしまっぷ

自宅で完結、年賀状作成サイト「ウェブポ」を使った感想。海外在住者も利用可!

f:id:kurashi-map:20161103075337j:plain

日本では11月1日から年賀はがきの販売が始まりました。海外に住んでいる方は来年の年賀状はどうしますか?

 海外に住んでいても年賀状は出せます!

私は中国へ来て1回目のお正月を迎えたのが結婚した翌年だったこともあり、報告も兼ねて主に親戚に年賀状を送りました。その時利用したのがウェブポというサイトです。

海外に住んでいるけど年賀状を送りたい!という方にとっては便利です。もちろん日本に住んでいる方も使えます。
ちなみに私は中国での2回目のお正月の時はパソコンが壊れてしまっていたので出すことができませんでした。そして3回目となる来年はメールやSNSでいいかな、と思っています。
リピーターではない私ですが、ウェブポがあって当時はとても助かったので簡単に紹介したいと思います。

ウェブポの特徴

便利に感じた点や支払い方法、料金、出来栄えについてです。

1.作成から投函までをネットで全て操作することができる

パソコンまたはスマホがあれば大丈夫です。また、自分ではがきを購入する必要がありません。私は年賀状を余らせてしまうことが多かったので、これだと無駄になりません。

2.自分の写真を貼り付けることができる

自分が撮った写真を組み込めるようになっているデザインのものが多くあります。ネットで全て作成するとなると「そっけないデザインになるのでは?」と思われるかもしれませんが、これだとオリジナリティーが出せます!

3.確実に届けることができる

私は送る相手に直接発送してもらいましたが、手書きであいさつなどを書き加えたい場合は自宅へ発送してもらうことも可能です。
国際郵便で海外から日本へ送ろうとすると、届くまでの期間や途中で紛失されないか等が心配ですよね。

以前友人が中国へ年賀状を送ってくれたのですが、届いた確率は50パーセント(!)でした。受け取れなかったのが残念です。

支払い方法は?

クレジットカード払いと代金引き換えの2種類があります。海外に住んでいる方はクレジット払いということになりますね。

料金・出来栄えは?

料金はデザインによって異なります。1枚当たりの料金は、

  • 広告入りのデザイン:52円
  • スタンダードデザイン:130円
  • プレミアムデザイン:140円~

なお、大口割引もあります。広告入りは「ウェブポ」と大きく書いてあったので、親戚を中心に送ることを考え私はスタンダードデザインを選びました。帰省時に実家に送ったものを見ましたが、出来栄えは特に問題ありませんでした。
なお、いったん自宅(手元)に送りたい場合や代金引き換えの場合は別途料金が掛かります。

まとめ こんな人におすすめです!

  • 海外に住んでいるけれど、日本の知人に年賀状を確実に送りたい人
  • 日本に住んでいるけれど、ネット上で全て年賀状作成・投函を完結させたい人

参考になれば幸いです。