読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしまっぷ

必要なものを見極めて賢く暮らしたい!片付け・家計・シンプルライフについて綴ります

暮らしまっぷ

『山田太郎ものがたり』を見て、我が家もお金に関する家訓を作りました。年末年始にドラマでお金の価値観を養う

f:id:kurashi-map:20161214210531p:plain

ドラマ「山田太郎ものがたり」を見たことがある方はいますか?今日は、このドラマをヒントに我が家でもお金に関する家訓を1つ作ってみた話を書きます。この額縁の中身が、最終的に出来上がった内容です。

『山田太郎ものがたり』を知らない方にも読んでいただけたら嬉しいです。

「ド貧乏」な山田太郎に惹きつけられる

私は2007年のTBSドラマ『山田太郎ものがたり』を当時毎週見ていました!このドラマは学園コメディーなのですが、お金や幸せに関して考えさせられる要素がたくさん入っています。
貧乏な高校生の山田太郎(二宮和也)と裕福な高校生の御村託也(櫻井翔)の2人がメインです。山田太郎の家は貧乏ではありますが、家族がお互いを思いやりながら幸せに暮らしていて、うるっとするシーンがよくあります。

悲壮感はなく、家族で見るのにおすすめです!もう9年前のドラマなんですね…時間の流れの早さを感じます。

「山田家家訓」が面白い

f:id:kurashi-map:20161214212011j:plain
詳しい内容はともかく(面白いので短くまとめられません)、ドラマの中では「山田家家訓」というのが度々登場します。その中でいまだに印象に残っているのが、

「金は借りるな 返せない」

という部分です。「返せない金額は借りちゃダメだよ」ではなく「そもそも返せないから最初から借りない」と言い切っているのが潔いです。

狭い家の中で家訓を唱えるシーンでは、太郎(二宮和也)に続けて6人の弟妹と母(菊池桃子)が復唱するのです。ちなみに父(松岡充)は放浪していて基本的に家庭には不在です。

お金に関する家訓を一つ作りました

金は 借りるな 返せない

リズムに乗せて読むといい感じです。そしてどれも「K」から始まっています。これをアレンジしたかったので、
お金は「借りない」「貸さない」「   」
最後に入れるフレーズを私が考えていたところ、夫が「『隠さない』にすれば?」と言ってきたので、それを採用しました。私たちはお金の話をよくするのでこの「隠さない」は気に入りました。なのでまとめると、

「お金は 借りない 貸さない 隠さない」

となります。我が家のお金に関する家訓が出来上がりました!

f:id:kurashi-map:20161214211853p:plain

実際のところクレジットカード払いは一時的にお金を借りている状態なので「借りない」と言う部分はグレーですね。それから、将来的には住宅ローン等を支払うかもしれません。ですが住宅購入の予定は当分ないので、当面はこの家訓を採用します。今の生活状況に合わせた家訓になっています。

おわりに:ドラマでお金の価値観を養えるかも

話がそれますが、ヒロイン池上隆子役の多部未華子が可愛いです。今年公開された映画『あやしい彼女』に主演していて、これもまた好きです。

昔は単に面白いと感じていたドラマも、改めて振り返ると違う見方が出来ますね。
この記事を書きながら、他にお金に関する価値観が絡むドラマでは松嶋菜々子主演の『やまとなでしこ』を思い出しました。

ドラマを見てお金の価値観を養うのも面白いです!普段家族とお金の話をあまりしない方は、この年末年始にドラマを見て話すきっかけにするのも良さそうです。

我が家の金銭感覚については下記の記事にも書いています。