暮らしまっぷ

上海で夫と2人暮らし。片付け・家計・シンプルライフについて綴っています。

暮らしまっぷ

【浴室収納】水切れが良く、省スペースな浴室収納です。サイズ・使い心地

f:id:kurashi-map:20170531085350j:plain

 

浴室収納(お風呂の棚)について書いています。今の浴室は洗い場がないタイプで、シャンプーなどを置けるスペースも少なめです。ですが、省スペース・水切れが良い造りになっているため気に入っています。
 
いつか家を建てる時は…と、家について夫婦で話すことがあります。今の浴室が今後の参考になりそうです。
 

関連:浴室に鏡はいらない?

前回は、鏡がない浴室を2年半使い続けて気付いたことについて書いています。
 

浴室収納は金属製・三角

f:id:kurashi-map:20170610071700j:plain


浴室の角に金属製の三角のスペースがあります。シャンプーなどのボトルが収納できる場所はここだけです。ここに入りきらない場合はバスタブの縁などに置くことになります。
 

f:id:kurashi-map:20170610071745j:plain


シャンプーとリンスは2種類ストックがあり、今は1種類を出して夫婦で共用しています。なので、ここにはシャンプー・リンス・ボディーソープのボトルを各1本、洗顔料1つを置いています。
 
 

浴室収納のサイズ

f:id:kurashi-map:20170610073543j:plain

 
何も置いていない状態です。測ったところ、壁にくっついている部分は約20cmでした。ボトル類が3~4本置けます。
 
家族がそれぞれ別のシャンプーなどを使う場合は、このサイズだと物足りないかもしれません。
 

状態・メリット

f:id:kurashi-map:20170610071948j:plain

 

濡れたあとに毎回拭いたりはしていませんが、目立った錆はないです。ボトルについている水が下に落ちるので、ボトルの底がぬめりにくいところが気に入っています。
 
帰国後も賃貸暮らしが続くので想像するだけではありますが、こんな感じで水切れが良く、省スペースな浴室収納が良いなと思っています。同じものがもう1段付いているとより使いやすそうです。
 

おわりに:お手入れが楽な浴室収納が良い

お風呂はカビなどの汚れが発生しやすく、使用時間の短さの割には掃除が大変です。なのでお手入れが楽な浴室収納が良いなと思っています。
 
次の部屋選びでも、「収納が多すぎず、掃除に手間が掛かり過ぎない浴室か?」というポイントも見ておきたいです。