読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしまっぷ

必要なものを見極めて賢く暮らしたい!片付け・家計・シンプルライフについて綴ります

スポンサーリンク

【ミニマムクローゼット】洋服購入時の3つの簡単なマイルール。+こんな失敗が元です!

ミニマムクローゼットをめざす

f:id:kurashi-map:20170107224021j:plain

最近は、一時帰国している2月と10月にある程度まとめて洋服を購入することが多いです。持ち帰ることができる洋服の量は限られているので、だんだん洋服の選び方が決まってきました。今日はその中から、3つについて書こうと思います。

 

過去の失敗談も書いているので、自分でもまた後で読み直して戒めにしたいと思います。読んでくださっている方と共通の経験があったら嬉しいです!

1.夫と被らない洋服を選ぶ

f:id:kurashi-map:20170107224324j:plain

以前、「ユニクロのニットが夫と被る事件」が起きました。休日に夫と外出する際に意図せずペアルックになってしまったのです。気が付けばユニクロのグレーのニットが一緒でした。「どっちが先に着たか論争」(大げさ)になり、結局出発前に私が着替え直しました。

 

この件をきっかけに、夫と被らないように洋服を選ぼうと思いました。でも中国ではペアルックはよく見かけます。見る側としては微笑ましいです!

2.久々に会う人を想像して洋服を選ぶ

結婚前に起きた「ジャージ姿を目撃される事件」がきっかけです。夫と付き合っていた頃、2人で上下ジャージで近所のスーパーに歩いて行くところを夫の会社の人に偶然見られてしまいました。

f:id:kurashi-map:20170107224146j:plain

私は人生初の上下ジャージでの買い物だったんです(言い方が大げさ)。運動目的ではなく、「ジャージでいっか」と外出したらこの結果…それ以降、運動以外でジャージを来て外出するのはやめました。

 

誰かに会った時に「ちゃんとした格好をしておけば良かった…」と後悔しないような洋服を選ぼうと思っています。洋服を買いに行った時に「久々に友人と会うならこんなのを着て行きたいな~」と考えながら選ぶときちんとした印象になるのでは?と個人的に思っています。といっても見栄を張るとかそういう意味ではないです!

3.女性だから着られる洋服を選ぶ

最初に書いた「夫と被らない洋服を選ぶ」とも共通するのですが、デザインも夫(男性)が着られないようなものを選びたいと思っています。

 

デザイン以外では、最近暗めの色の洋服の割合が多くなってきたので、今年は明るい色を多めに選びたいです。ダウンコートも地味めな色なので、中に明るい色のニットを着たいです。全部の洋服を、というわけにはいきませんが、女性だからこそ着られる洋服を買いたいです。

www.kurashimap.net

おわりに: 欲しい洋服を具体的にイメージして買います

この記事を書きながら、自分が買いたい洋服を改めて考えることができました。日本から持ち帰れるのは限られた量ではありますが(洋服より食品を持ち帰りたい派です)、これから具体的に欲しい物をイメージしようと思います。

 

今回の帰国時は、母は私に何も洋服は買っていないはずです!

2016年末にも、ミニマムクローゼットについて振り返っています。こちらもあわせてどうぞ。

こちらからはまとめて見ることができます!