暮らしまっぷ

上海で夫と2人暮らし。片付け・家計・シンプルライフについて綴っています。

暮らしまっぷ

バッグ収納は「ハンガー+不織布の袋」で吊るして型崩れ防止

f:id:kurashi-map:20161211110103j:plain

 

私のバッグの収納方法について書いています。もともと自宅にあった物を使ってしまっています。実際の写真や、そのメリットについてまとめました。

 

「ハンガーと不織布の袋」でバッグを収納

バッグの収納に使うもの

ハンガー

私はクリーニング店でもらったハンガーを使っています。(あまり気にしない性格です。)S字フックでもいいと思います。
おしゃれなハンガーやS字フックだともっと見た目が良くなりますね。

不織布の袋

服を購入した時に入れてくれたり、何かのおまけとしてもらえる不織布のバッグです。たまたまどれも紺色でした。


不織布の袋と言えば、このクラスメイトを思い出します(笑)

 

バッグを収納したところ

f:id:kurashi-map:20161211110141j:plain

 

バッグを一つずつ不織布の袋に入れてからハンガーに掛け、クローゼットのポールに吊るしています。


以前は不織布の袋に入れてから藤カゴに並べて収納していました。しかし藤カゴの網目に埃が溜まるので、その手入れを省くために藤カゴは処分して吊るす方法に変えました。

 

この方法のメリット・好きな点

1.バッグに傷がつかない

不織布は柔らかい素材なのでバッグに傷がつく心配がないです。楽に取り出すことができます。

2.型崩れしにくい

藤のカゴに収納していた時は(カゴが小さかったのかもしれませんが)、型崩れを気にしていました。


ややゆとりのある大きさの袋に入れてから吊るすと型崩れしにくいです。

3.袋を洗濯する必要がない

綿の袋を使っていたこともありますが、時々洗濯する必要があります。しかしこういう不織布の袋は時々もらえるので、ある程度経ったら新しい物と交換します。

 

袋は全部紺色ですが、よく使う順番に並べているので自分では中身が分かります。出番が多いバッグは直接ハンガーに掛けたり、リビングに置いています。

4.節約になる

家にある物でできるのでお金がかかりません。

 

おわりに:性格に合った方法で片付ける

持っている物で収納するところに自分の性格が出ていると思います。袋の色やハンガーの形が違っていてもあまり気にならないです。

 

でも小学生の頃は白い紙でブックカバーを自作して、それを全ての本に掛けていました。当時はきれいに揃えたかったのです。性格って変わるんですね。その時自分の性格に合ったやり方で片付け・収納するのが良いと思います^^


web内覧会*収納・クローゼット♪
スッキリさせた場所・もの