【ジェットストリーム4&1】3つの魅力と、0.5mmと0.7mmの比較。替え芯の互換性は?【uni】

f:id:kurashi-map:20180220105808j:plain

uniの4色ボールペン「ジェットストリーム4&1」を定番にしたくなる3つの魅力や、実際に0.5mmと0.7mmを使って違いを比較してまとめました。

また、ボールペン本体を変えずに0.5mmと0.7mmが使えるか(=替え芯の互換性)についても調べてみました。
これから「ジェットストリーム4&1」を購入しようと思っている方、芯選びで0.5mmと0.7mmを迷っている方の参考になれば嬉しいです。

ジェットストリームの3つの魅力

「ジェットストリーム4&1」0.7mmタイプ

ジェットストリームの良さはたくさんあるのですが、特に気に入っている点が3つあります。

1.書き心地がなめらか

私はこれまで、油性ボールペンというと書き心地のなめらかさに欠けるという印象を持っていました。
しかし、ジェットストリームは書き心地がなめらかです。自分のイメージ通りの字が書けるんです。
上がボールペン(0.7mm)、下がシャープペンで書いた文字です。
f:id:kurashi-map:20170621104605j:plain

油性ボールペンにありがちな文字のざらつきがほとんどないです。また、ボールペン本体に程よい重量感があるため、シャープペンでの書き心地も良いです。

2.本体が丈夫

使い始めて8年目ですが、本体が丈夫なので壊れたことがないです。私が最初に使ったのは「MSXE5-1000-07」(芯は0.7mm)で、ボールペン4色とシャープペンが入っています

0.7mmと0.5mmでは本体色のラインナップが異なります。

0.7mmタイプのカラーバリエーション

0.5mmタイプのカラーバリエーション

3.替え芯が安い(約60円)

f:id:kurashi-map:20170620093356j:plain

替え芯は1本約60円です(黒・赤・青・緑)。愛用しているうちに、替え芯の品番も自然と覚えました。

uni「ジェットストリーム4&1」0.5mmを追加購入

0.7mmの購入後、職場用には0.5mmのジェットストリームを購入することにしました。
0.7mmに慣れてはいましたが、もう少し細くてもいいかな?とも思っていたので0.5mmを選んでみました。

色はネイビーです

ジェットストリーム 0.7mmと0.5mmの違い 書き心地

f:id:kurashi-map:20180222080755j:plain

ジェットストリームの0.5mm・0.7mmタイプを比較してみました。

ジェットストリーム0.7mm

書き心地は、滑りが良く「ぬるぬる~」と書き進められます。

ジェットストリーム0.5mm

ボールペンの先端がより細いため、0.7mmと比べると滑る感じはやや減ります。ただ、その分「止め・はらい」をしっかりできる感覚があります。

手帳やメモ帳(小さめのノート)なら、0.5mmの方が使いやすいと思いました。字がつぶれにくいです。

替え芯は互換性あり

0.5mmタイプを使い始めたら、こちらが気に入りました。そこで試したところ、0.7mmのボールペン本体に0.5mmの替え芯を差し込むことが出来ました。この逆も大丈夫です。

手持ちの0.7mmの替え芯を使い切ったら、こちらも徐々に0.5mmの替え芯を入れていこうと思います。替え芯に互換性にあるので、ボールペンの本体を購入し直さずにシフトできるのは嬉しいですね。

ジェットストリームはプレゼントにもぴったり

ボールペンにしてはちょっと高いかな…?と思ってしまう「ジェットストリーム4&1」ですが、丈夫で長く愛用できるので、長い目で見ると高くはないと感じています。
進学や就職のお祝いや、外国の方へのお土産にも喜ばれる筆記用具だと思います。

【100均セリア】「ダブルリング ドット方眼ノート」をリピ中。魅力を紹介します

2017.12.29