読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしまっぷ

必要なものを見極めて賢く暮らしたい!片付け・家計・シンプルライフについて綴ります

スポンサーリンク

【VERY CARD】結婚式欠席。電報が喜ばれました!【祝電】

役立っているもの・口コミ

f:id:kurashi-map:20170118085936j:plain

 

以前友人の結婚式を欠席した時、初めて電報を利用してみました。出席したくても都合が合わなかったり、遠隔地だったりすることはありますよね。

 

そこで、私が利用した電報サービス【VERY CARD】のおすすめのポイント(口コミ)を紹介します。結婚のお祝い以外の祝電はもちろん、弔電も用意されているのでいざというときに役に立つと思います。

 

電報はNTTだけではなかった

まず、電報に関して無知な私は電報サービスをネットで検索するところから始めました。それまで、電報はNTTでしか取り扱っていないものだと思っていました。「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングのコーナーで、ゲストにはぬいぐるみつきの電報がよく届いていましたよね。その印象が強かったのです。


そこで最初にNTTの電報申し込みサイト「D-MAIL」を調べました。正直なところ「他にも種類があるといいな」と思い、もう一度検索サイトで電報サービスを調べました。そのとき知ったのが電報サービス【VERY CARD】です。

VERY CARDを選んだ理由・おすすめポイント

一通り見てからVERY CARDで結婚祝いの電報を送ることに決めました。私がこちらのサービスを選んだ理由は3つあります。以下の画像をクリックすると詳細を見ることができます。

1.デザインが豊富

これは私の個人的な意見ですが、D-MAIL(NTT)には「渋め」とぬいぐるみ付きのような「とても可愛い」ものはあるのですが、その中間のデザインがありませんでした。しかし、中間のデザインがVERY CARDにはありました。

 

この水森亜土さんのイラストも素敵です。こちらはメッセージ・送料込みで1800円(税抜き)です。実は私もいただいたことがあります。

2.デザインが素敵なのに価格が手頃

結婚祝いの祝電は1280円(税抜き)からあります。価格もお手頃です。ネットで申し込みや支払いが完了するため、海外(中国)に住んでいる私にも助かりました。結婚式の日時や会場は事前に相手に確認しましょう!

 

私は友人へ「スウィートウェディング」という、メッセージ・送料込みで2000円(税抜き)のものを送りました。下の写真が私が選んだものです。

紙の素材で、開くと立体になります。すでに友人には事前にお祝いを渡していたため、電報では気持ちが伝わるといいなと思い、この価格帯から選びました。

3.急いでいても大丈夫

14時までに申込むと、基本的に全国どこでもその日のうちに届きます。気持ちを伝えたいと思ったらすぐに送ることができるので、忙しい方でも大丈夫です。

受け取った人の反応

結婚式の翌日に友人からメールが来て、電報を喜んでくれました。また、私が利用した後に母も同じものを親戚の女の子のために送り、喜んでもらえました。

結婚祝いの電報の内容は?

電報の内容は披露宴の際に司会者に読み上げられますよね。親族の方をはじめ、ほかのゲストの方たちもいるので、ネットで調べて無難に済ませる方もいると思います。

 

でもせっかく送るのならば、送る相手との具体的なエピソードを入れて、名前を読み上げる前に内容を聞いただけで「あの人からだ!」というものにすると、印象にも残って良いと思います。

 

私も、友人との学生時代の出来事を思い出しながら文章を入力しました。送る側としても、この作業は楽しかったです。VERY CARDなら300文字まで書けるので、気持ちがしっかり伝わるはずです。

おわりに:各種サプライズにも最適

電報って高いのかな?手間が掛かるのかな?と思いながら調べ始めたのですが、VERY CARDのデザインと価格を知って「これは送ってみたい!」と思いました。相手に喜んでもらえて自分自身も嬉しかったです。また利用したいサービスです。

 

誕生日や母の日、父の日など用途はたくさんあるので、そういった場面でのサプライズにも良いと思います。今回は結婚式を欠席する際の祝電を中心に紹介しましたが、それ以外にも電報を送る機会の参考になると嬉しいです。

 

結婚式に出席した日の失敗談も書いています。

【結婚式ヘアセット失敗談】式に向かう時点ですでに泣けた話。節約とキレイのバランスって難しい

 

ドレスはお気に入り1着を所有しています。

www.kurashimap.net