【シャトルシェフ レシピ】牛すね肉の煮込みカレー【沸騰5分・保温2時間】

シャトルシェフを使って牛すね肉の煮込みカレーを作りました。レシピを写真付きでまとめています。

シャトルシェフなら少ない加熱時間で、かたまり肉もホロホロに柔らかくなります。

「シャトルシェフで牛すね肉の煮込みカレー」レシピ

牛すね肉を買ったので、カレーを作ることにしました。

今回は市販のルウを使います。材料の分量はルウのパッケージの通りです。

牛すね肉を焼き色が付くまで炒めます。

人参、玉ねぎ、エリンギも一緒に炒めます。

カレーを作る時は、ジャガイモよりもキノコを入れることが多いです。

材料を炒め終わったら、水を入れて5分ほど沸騰させます。

保温容器に移したら、2時間ほど置いておきます。

シャトルシェフのメリットは、電源がいらないところです。

お玉で崩せる柔らかさ。

保温して2時間後、牛すね肉がホロホロになりました!

市販のカレールウを入れて、10分ほど煮込むor保温容器に10分入れておけば完成です。

スプーンで簡単にほぐれるので食べやすいです。

牛すね肉がゴロゴロ入っていて、食べ応えがあります。

シャトルシェフレシピ「牛すね肉の煮込みカレー」まとめ

以上、シャトルシェフで作る「牛すね肉の煮込みカレー」のレシピでした。

シャトルシェフは牛すね肉や手羽元などのお肉を少ない加熱時間でホロホロに煮込むことができるので、年中活躍しています。