【タイガーエアで茨城空港⇔台北】料金・座席指定なしの結果などまとめ

LCCのひとつ、タイガーエアの「茨城空港⇔台北桃園空港」路線について書いています。運航スケジュールや料金、無料駐車場、座席指定をしなかった結果、機内持ち込み手荷物などについてまとめました。

茨城空港・タイガーエアは「コンパクト&シンプルな旅」が好きな人にぴったりです。
※記事の内容は2019年5月に搭乗した際の情報です。

タイガーエア「茨城空港⇔台北桃園空港」運航スケジュール

タイガーエアの「茨城空港⇔台北桃園空港」路線は、2018年3月に就航しました。運航スケジュールは下記の通りです。

毎週日・木曜日運航

  • 【IT219】茨城⇒台北(桃園)15:00⇒17:30
  • 【IT218】台北(桃園)⇒茨城9:30⇒14:00

もちろん片道だけの購入もできます。茨城発で往復を購入するのなら、

  • 日曜⇒木曜の4泊5日
  • 木曜⇒日曜の3泊4日

などが考えられますね。

LCCにありがちな深夜便ではないので、弾丸スケジュールにならないのが嬉しいです。

茨城空港の無料駐車場

空港の2階から駐車場を見たところ

茨城空港は駐車場が無料で利用できます。ターミナルビルの目の前に1300台分の無料駐車場が広がっています。

歩いてすぐの距離なので、駐車場からターミナルビルまでの移動時間を気にしなくて大丈夫です。

タイガーエア 茨城⇔台北の料金

2019年5月(ゴールデンウィーク明け)のチケットを予約しました。

往復を購入し、1人分は18509円でした(サーチャージ料など全て込み)。往復2人分で37018円です。

タイガーエアで座席指定しなかった結果

追加料金が掛かるため、わが家はLCC利用時はいつも座席指定しません。

タイガーエアで茨城⇔台北の便を予約する際、座席指定はせずにチケットを購入しました。しかし、座席指定をしなくても往復とも夫婦で隣り同士の座席でした。

「絶対隣り同士じゃないと嫌」というわけでなければ、座席指定はしなくても良いと思います。

余裕をもって2月に予約しましたが、行きも帰りも空席がありました。

タイガーエア 機内持込み手荷物

機内持ち込み手荷物のタグ。

タイガーエアの機内持ち込み手荷物についてです。チケットには3種類のプランがあります。価格が低い順に載せています。

  • tigerlight(タイガーライト)
  • tigersmart(タイガースマート)
  • tigerpro(タイガープロ)
3つのプランとも、機内持ち込み手荷物の上限は10kgです。
tigersmart(タイガースマート)とtigerpro(タイガープロ)は受託手荷物が20kgまで無料です。

最も安いtigerlight(タイガーライト)を購入して座席指定もしませんでしたが、ラッキーなことにtigersmart(タイガースマート)の座席に座れました。

茨城空港から台北桃園空港まで約3時間。

タイガーエア「茨城空港⇔台北桃園空港」でシンプル&コンパクトな旅

雙城街夜市

今回は3kg程度の機内持込手荷物だけで台湾へ行ってきました。茨城空港・タイガーエアは「コンパクト&シンプルな旅」が好きな人にぴったりです。