【ユニクロ以外のインナーダウン】TAIONの口コミ。コンパクトダウンを選んだ理由

TAION(タイオン)のインナーダウン(コンパクトダウン)の口コミです。写真付きでまとめています。

「TAION(タイオン)」とは?

私は初めて「TAION」というブランドを聞いたとき、何だろう?と思いました。

TAIONについて紹介します。

TAIONは、2016 年日本発のインナーダウンに専業したブランドとして展開。
ブランド名の由来は、TAION=体温(潜在的な暖かさ、日本発のイメージ)
クオリティーに対して圧倒的な コストパフォーマンスによる、価値の追求を スローガンとし、高品質で高機能なインナーダウンを幅広く展開している。
引用元:TAION

日本発インナーダウン専業ブランドであると知り、興味が湧きました。

インナーダウン・コンパクトダウンというとユニクロのイメージが強かったので、「こんなのがあるんだ~」と思いました。

厚みのあるダウンコートを処分

f:id:kurashi-map:20161217094431j:plain

手持ちのダウンコートが劣化してきたため処分しました。

上海に住んでいた時、オーダーメイドで作ったものです。nano universeのダウンの色合いをイメージしてオーダーしました。

思い入れのあるダウンでしたが、十分着倒したので悩まずに処分できました。

こうして写真が残っているので、それで満足です。

インナーダウン・コンパクトダウンが欲しい理由

日本に帰ってきてから、「厚みのあるダウンコートだと暑いな」と感じることが時々ありました。

あと、ファーは無くても困らないと思いました。

それから、襟のスレや汚れを気にせず着たいので、ノーカラーを試してみたくなりました。

TAION(タイオン)ダウンジャケット 口コミ

欲しいダウンの条件を絞って探しました。

ダウンの条件
  • インナーダウン、コンパクトダウン
  • ノーカラー
  • ボタンではなくジップ(ファスナー)

色々見た中で、TIONのジップダウンジャケットに決めました。

11月中旬に購入し、気候的にすぐに着られました。

800フィルパワーの温かさ

今回購入したTAIONのジップダウンジャケットは、800フィルパワーです。

羽織った瞬間「軽いのに暖かい」と感じました。

フィルパワーは、羽毛のかさ高性を現す単位。

フィルパワーの数値が大きい=保温性に優れ、暖かく良質なダウンとのこと。

自分が見た中だと、同価格帯のインナーダウンのフィルパワーは600~700台のものが多かったです。

コンパクトに畳める

TTAIONのジップダウンジャケットは、コンパクトに畳んで付属の袋に収納できます。

旅先に持って行くのにも良いと思います。

ファスナーで開閉

前を開閉したいとき、寒い場所で1つずつボタンを留めるのは時間が掛かるので、ファスナータイプを選びました。

インナーダウンはボタンタイプの商品が結構多いので、ファスナータイプがあるのは嬉しいです。

生地がテカテカしていない

生地はテカテカしていないです。

光に反射してテカテカが目立つのは避けたかったので、それが抑えられているのは良かったです。

ブラックだと、よりシワが目立ちにくいと感じます。

外ポケットが目立たない

ファスナー付きポケット

外ポケットは目立たないデザインです。

内ポケットあり

内ポケットが左右に一つずつあります。

オーバーサイズではない

Sサイズを購入。

サイズ展開はS・M・Lです。

オーバーサイズではないです。窮屈さもなく丁度よい着心地でした。

コンパクトな着用感。

リーズナブル

価格は6000円台で購入しました。

必要なものだと思ったので、セールを待たずに購入しました。

購入先はUNITED ARROWS green label relaxingです。

TAIONインナーダウン+チェスターコート

チェスターコートの下にインナーダウンとして着ても、着膨れしません。

遠くから見ると、インナーダウンの存在感はあまりないです。

ただ、今のところTAIONを着るときは、インナーダウンとしてではなく1枚で着ています。

TAIONインナーダウン+クルーネックセーター

クルーネックのセーターとも合わせやすいです。

襟がないので、寒い日の外出時はマフラーをしています。

タートルネックとも合わせやすいと思います。

TAION(タイオン)ジップダウンジャケットまとめ

以上、TAION(タイオン)ジップダウンジャケットの口コミでした。

秋から春先まで着ることができそうです。収納時も場所を取らないので購入して良かったです。

⇒楽天市場でTAIONのインナーダウンを見てみる