【つみたてNISA】1年目の状況・夫婦の積立額

2021年から「つみたてNISA」を始めました。1年目が終了した状況(減ったor増えた)や夫婦の積立額についてまとめています。

つみたてNISAを始める

2021年からつみたてNISAを始めました

2021年は通信費の節約に成功したり、マイナポイントをもらえたりしたことで、小さな行動が節約につながることを実感できました。

【通信費は2750円】節約方法まとめ。見直しで-4466円/月【2人暮らし】

2021.07.16

同じように、つみたてNISAを始めれば、将来の役に立つかもしれないと思い、やってみました。

最初の手続きが面倒だとしても、それさえクリアすれば…!という気持ちで始めました。

実際のところ、つみたてNISAを始めるのはとても簡単でした。

つみたてNISA 1年目終了時の状況

私(妻)は、楽天証券で2021年8月からつみたてNISAを始めました。

2021年5月に「つみたてNISAをやってみよう」と思い立ったため、1年の途中から始めることになりました。

1年の途中から始めた場合でも、非課税枠の40万円を使い切ることができます。(増額設定を利用)

ちなみに私はちょっと設定をミスったため、2021年は37万円の積み立てになりました。

現在は増額設定などの画面がリニューアルしたので、以前と比べて設定がより簡単になったようです。(羨ましい)

2022年1月5日現在の状況

確認したところ、2021年に37万円を積み立てて、+23,041円(+6.23%)となっていました。

やってみて良かったという実感が得られました。

2022年からは、毎月33,333円を積み立てていきます。

つみたてNISAを続けたらどうなる?

毎月33,333円×20年、積み立てます。

つみたてNISAを続けると今後どうなるか、試算しました。

毎月33,333円を20年間積み立てた場合の計算です。現在と同じ6%で運用できれば…

試算結果
  • 積立額:7,999,920円
  • 運用収益:7,401,289円
  • 合計:15,401,209円

試算では、私ひとり分の運用収益は約740万円です。

取らぬ狸の皮算用ですが、「試算のようになればラッキー」だし「ならなくても仕方ない」くらいの気持ちでいようと思っています。

楽天証券で口座開設

普段から楽天銀行を使っているので、証券口座も楽天証券を選びました。

ハピタス経由で楽天証券口座を開設しました。

しょっちゅうポイント増量キャンペーンをやっています。

  • 5/30:証券口座開設申し込み
  • 7/8:つみたてNISA口座開設完了
  • 7/10:つみたて設定完了
  • 8月~:つみたてNISA開始

という流れでした。

スマホで申し込みが完了するのでとても簡単でした。

4000ポイントゲット。

ハピタスで4000円分のポイントも貰えました!

夫は2022年1月からつみたてNISA開始

私がつみたてNISAを始めたのを見て、夫も始めることにしました。

それまで夫は楽天証券で一般NISAの枠を使っていたのですが、つみたてNISAに区分を変更しました。

夫は特定口座も利用し、毎月5万円を積み立てることにしました。

2022年からは、夫50,000円/月+妻33,333/月を毎月積み立てていくことになります。(毎年約100万円の積立)

状況によっては、私も毎月5万円の積み立てに変更するのもありかなと考えています。

積み立て金は全て楽天カードで支払うので、楽天ポイントが貯まるのも嬉しいです。

つみたてNISAの状況 まとめ

以上、つみたてNISAの状況についてでした。